マイクロバブルはどのような効果があるの?活用術まで一挙解説!

「マイクロバブルって何?」
「マイクロバブルにはどんな効果があるの?」
「ナノバブルと何が違うの?」

マイクロバブルと聞くと、このような事を疑問に思う人も多いのではないでしょうか?

マイクロバブルが話題になっているとはいっても、どんなものなのかイメージしづらくて購入に踏み切れないということもあるかもしれません。

マイクロバブルの製品を購入するためにも、どんな特徴やメリット・デメリットがあるのか知る必要があります。

マイクロバブルとは各業界から注目されている魔法の気泡と呼ばれており、2000年頃までは超微細気泡と呼ばれていました。

その大きさは直径10マイクロメートル~数十マイクロメートルしかないなど、水槽の泡などとは比べものにならないほど非常に小さいです。

<プロフィール>

「ナノバブルLabo」には、浄水器など水関連商材を販売しているメーカーに勤務しているメンバーが在籍しています。創業より30年以上水関連事業に携わり、お水のスペシャリストとしてメンバーそれぞれが、日々お水関連の情報収集を趣味や仕事とし、最新の情報をナノバブルLabo内で共有しています。

 

本記事ではそんなお水のスペシャリストが、収集した情報を分かりやすく皆様にご紹介しています。
それでは、参りましょう!

毎日の健康な暮らしを
目指したい方は
マイクロバブルサーバーが
おすすめ!
女性

そもそもマイクロバブルとは?

そもそもマイクロバブルとは、どのようなものなのでしょうか。

マイクロバブルは水槽の泡などとは、比べものにならないほど非常に小さい超微細気泡です。

細胞やたんぱく質などとほぼ同じ大きさで、様々な特徴や効果が秘められています。

それでは、マイクロバブルの特徴や効果・ナノバブルとの違いについて説明します。

特徴

マイクロバブルの特徴は、上昇・収縮・圧壊の3つです。

一般的な気泡と違い、マイクロバブルはマイクロサイズ以下の気泡なので内圧が高いのが特徴です。

マイクロバブルは、長時間水中に留まり続ける性質を持っています。

ゆっくりと上昇する過程で汚れを吸着させ、さらに上昇しながら収縮していくのが特徴です。

そして水面に上がったマイクロバブルは圧壊し、吸着した汚れである有機物を直接分解してくれます。

ナノバブル(ウルトラファインバブル)との違い

ナノバブルはウルトラファインバブルとも呼ばれており、従来のマイクロバブルと比較すると非常に小さいのが特徴です。

マイクロバブルの直径が0.1mm~0.001mmなら、ナノバブルは0.0001mm~0.0000001mmと非常に小さく、肉眼では確認できません。

マイクロバブルは長時間水中に滞留し続けますが、それでも時間が経てばやがて上昇して圧壊します。

しかし、ナノバブルは圧倒的に長い時間水中に滞留し続ける性質を持っています。

ナノバブルは気泡の周辺にマイナスイオンをコーティングしたような状態になっており、ブラウン運動と呼ばれる不規則な運動を行っているのが特徴です。

このブラウン運動は泡が浮く力よりも強いので、ナノバブルは浮かずに長時間水中に滞留し続けるのです。

効果について

マイクロバブルは、水質浄化」「臭気・悪臭対策」「菌・ウイルス対策」「生理活性効果」といった効果があります。

<水質浄化>
マイクロバブルが持つ「 -(マイナス)」の電荷を利用し、水中の「 +(プラス)」の電荷を帯びた汚濁物質などを吸着します。
水面へ上昇すると同時に収縮し、圧壊した時に局部的に数千℃の熱と数千気圧というエネルギーが発生するのがポイントです。
これにより、汚濁物質がマイクロバブルの圧壊によって破壊され、有機物が分解されます。
わずかな残滓はマイクロバブルの水面浮上によって除去されるので、いとも簡単に水質浄化が可能です。

<臭気・悪臭対策>
マイクロナノバブルを発生させるYJノズルによって行われます。
マイクロナノバブルはマイクロバブルよりもさらに小さい気泡で、収縮速度が速く、水面に上昇する速度が極端に遅くなるのが特徴です。
このマイクロナノバブルが調整層や曝気槽などの槽底隅々まで酸素を送り届けることができるため、嫌気化による腐敗を一気に改善して臭気や悪臭を解消します。
YJノズルじゃなくてもできますが、槽底から臭気・悪臭対策ができるのはYJノズルでしか実現できません。
菌・ウイルス対策はマイクロバブルの帯電作用と圧壊した時に発生する現象によって、菌やウイルスを不活性化させることができます。
つまり、水質を浄化すると共に様々な菌やウイルスの不活性化ができるので、水質の安全性を一層高めることが可能です。

<生理活性効果>
マイクロバブルが水中の溶存酸素量を増やして、生物の生理活性化を促す効果があります。
他にも血流促進効果があることから、養殖場で育てられる生物の病気対策や成長促進が期待できます。
農産物の育成促進や、鮮度維持に優れた効果を発揮するのがポイントです。

マイクロバブルの作り方について

マイクロバブルは上記でご説明したように様々な特性があり、生成方法も様々です。

意外と身近なところで使われていることもあるので、どのようにして作られているのか知りたい人もいるのではないでしょうか。

それでは、マイクロバブルを作る旋回流液式と加圧溶解折出式についてご説明しましょう。

旋回流液式

旋回流液式は代表的な作り方の一つで、主にシャワーヘッドやお風呂に使われる方式です。

元々マイクロバブルは特別な作り方でないと作れないので、どこの家庭にも備わっているわけではありません。

旋回流液式は、大きな気泡を強い液体の流れによってせん断して粉砕する方式です。

旋回流液式を採用した製造機を導入しなければ、マイクロバブルは使えないのでシャワーヘッドやお風呂などにこだわる時は注意しましょう。

加圧溶解析出式

加圧溶解折出式は、業務用や大型の機器に使われることが多いのが特徴です。

気液化合物をポンプで加圧し、ガスの成分を液中に過飽和まで溶解させます。

次に未溶解気泡を分離させ、過飽和液だけを減圧弁を通して常圧液中に噴出させ、マイクロバブルを析出させることで作られます。

マイクロバブルの最新の活用方法

マイクロバブルは今までも様々な用途で活用されていましたが、最新の活用方法があります。

美容分野や洗浄分野環境分野産業分野など様々な分野で活用されているので、どの分野でどのように活用しているのか知っておくと役立つかもしれません。

それでは、マイクロバブルの最新の活用方法についてご説明しましょう。

美容分野

美容分野では、主にシャワーヘッドやお風呂で活用されています。

メーカーごとのシャワーヘッドによるマイクロバブルの活用方法は、以下の通りです。

メーカーごとのお風呂によるマイクロバブルの活用方法は、以下の通りです。

↓ バブルの美容分野での活用について、より詳しく知りたい方 ↓

洗浄分野

洗浄分野では、洗濯機にマイクロバブルを作る機能が備えられていることで効果を発揮します。

環境に配慮して水と空気のみで洗浄できるほか、産業廃棄物排出量を抑えることもできます。

これはマイクロバブルが基本的な汚れはもちろん油汚れなども吸着して除去してくれるため、洗浄水が汚染されにくいからです。

綺麗な洗浄水が長期間使えれば節水にもなりますし、環境にも配慮しているので一石二鳥です。

さらに有機溶剤や酸・アルカリなどを使用しておらず、水道水と空気しか使わないのでランニングコストも非常に安くなります。

環境分野

環境分野では、農業や水産養殖で活用されています。

農業分野では農作物の育成促進や、鮮度を維持する効果があるものとして活用されています。

水産養殖では、魚、牡蠣、エビなどの病気対策や成長促進、短期間で大きく成長できるので生産効率の上昇

さらに養殖していた生物の死亡率を減少させる、といった効果があります。

産業分野

産業分野では汚濁物質が多いところで大いに活用されています。

マイクロバブルの性質によって大幅な水質浄化が期待できるため、凝集剤などを初めとする薬品の使用量を軽減したり、凝集汚泥の発生量も減少したりするといった効果があります。

環境に優しく、コストダウン対策としても効果的です。

さらに、マイクロバブルやナノバブルの活用法には、飲料用という方法もございます。

↓ マイクロバブルを飲む事について、より詳しく知りたい方 ↓

マイクロバブルのメリットとデメリット

マイクロバブルには様々な効果があるため、メリットがある分デメリットもあります。

マイクロバブルを家庭にも導入したい場合などは、メーカーと相談する必要性があるでしょう。

それでは、マイクロバブルのメリットやデメリットについてご説明しましょう。

メリット

マイクロバブルのメリットは、何と言っても環境に優しい上に肌を傷つけることなく汚れを剥がしてくれることです。

非常に注目度が高く、水質浄化や農業、水産養殖など様々な分野で活用されています。

お風呂やシャワーヘッドで活用すると、肌を傷つけることなく汚れを落としてくれるので、乾燥肌や敏感肌の人にもオススメです。

デメリット

マイクロバブルのデメリットは、据え置き型だと一定のスペースを必要とします。

さらに電源が必須であったり、サイズによっては大きな浴槽だと非効率的となったりします。

内蔵型の場合、工事をしないと導入できないので工事費用が発生することでしょう。

本体の代金にプラスして請求されるため、費用を抑えたい人には向いていないかもしれません。

まとめ

マイクロバブルは画期的な仕組みになっていて、様々な分野で活用されるほど注目されています。

他にもナノバブルといった、マイクロバブルよりも細かな気泡も存在しています。

それぞれに特徴がありますので、自分に合ったものを購入するのがオススメです。

毎日の健康な暮らしを
目指したい方は
マイクロバブルサーバーが
おすすめ!
女性

関連記事