今話題のナノバブル!今さら聞けない基本的な概要や効果・活用方法まで徹底解説

ナノバブルって、そもそもどういうものなの?
ナノバブルという言葉は聞いたことがあるけど、どのような効果があるの?
ナノバブルはどのように活用されているの?

「ナノバブル」というと、このような疑問があるのではないでしょうか。

「バブル」というワードがありますので、何かの泡なのかな?というと印象はあるかもしれませんが、どういうものなのか?どのような効果がるのか?具体的な活用方法は?とよく分からないものですよね。

本記事では「ナノバブル」について、分かりやすく具体的な効果・活用方法まで解説しています。

まず、ナノバブルを簡単に表すと「非常に小さな泡」といえます。具体的な大きさや種類などは後程説明しますが、近年様々な分野で注目を集めています。

効果としては、「洗浄力」「美容効果」「リラックス効果」「腸内環境を整える」「抗酸化力・食物の鮮度を保つ」「農作物の生長促進・病害虫の防除」「炎症を抑える」といったものが挙げられます。

活用方法も様々で、「シャワー・洗濯機」「化粧水・洗顔」「お風呂」「飲料水」「野菜・食べ物の洗浄」「農業分野での使用」「医療分野での使用」などがあります。

また、本記事を読んでいただくと、ナノバブルの概要から効果・活用法まで学べるよう構成しています。

<プロフィール>

「ナノバブルLabo」には、浄水器など水関連商材を販売しているメーカーに勤務しているメンバーが在籍しています。創業より30年以上水関連事業に携わり、お水のスペシャリストとしてメンバーそれぞれが、日々お水関連の情報収集を趣味や仕事とし、最新の情報をナノバブルLabo内で共有しています。

 

本記事ではそんなお水のスペシャリストが、収集した情報を分かりやすく皆様にご紹介しています。
それでは、参りましょう!

毎日の健康な暮らしを
目指したい方は
ナノバブルサーバーが
おすすめ!
女性

ナノバブルとは

最初にナノバブルとはどういうものなのか、分かりやすく解説していきます。

ナノバブルとは一言でいうと、「非常に微細な泡」の事を指します。

その泡の大きさによって名称が多少異なってきますが、ウルトラファインバブルとナノバブルはほぼ同義です。(その違いについては、名称の違い欄にて説明しています。)

ナノバブルの大きさは、100nm以下を意味している場合が多いです。(多少分野やメーカーの違いによってその定義の大きさに違いがありました。)

そのバブルの発生方法も複数存在し、「高速旋回式」「加圧溶解式」「電気分解式」などがあります。それぞれ、発生させられるバブル内に含まれる気体や持続時間・個数などに違いがあります。

用途にあった発生方法を、採用することが重要です。

ナノバブルには多くの効果があるとされ、洗浄効果」「美容効果」「リラックス効果」「腸内環境を整える」「抗酸化力・食べ物の鮮度を保つ」「農作物の生長促進・病害虫の防除」「炎症を抑えるなどに期待をされています。

それでは、より詳しく解説していきましょう。

名称の違い

ナノバブルと近い言葉として、「ミリバブル」「ファインバブル」「マイクロバブル」「ウルトラファインバブル」などがあります。

すべて同じ「泡」を意味していますが、それぞれ泡の大きさの違いによって言葉が異なります。

ざっくりとですが、ミリバブル > マイクロバブル > ナノバブル(ウルトラファインバブル)となり、ファインバブルはマイクロバブルとナノバブルの総称で、ナノバブルとウルトラファインバブルはほぼ同じ意味です。

つまり、ナノバブルは現在分類されている泡の中で「最も細かな泡」ということです。

生成方法の違い

バブルを発生させる方法はいくつか存在します。

例えば、高速旋回式・加圧溶解式・電気分解式などがあります。

高速旋回式
 気泡を高速旋回流で細かくし、水中にバブルを発生される方式です。

加圧溶解式
 期待を加圧し水中に過飽和で気体を溶解させる方式です。

電気分解式
 お水を交流電気分解することで、気泡に衝撃波を与え細かなバブルを発生させる方式です。

それぞれの方式では、発生するバブルの種類や発生量・持続時間などが異なります。

そのため目的用途にあったバブルの生成方法を採用することで、効果を最大限発揮することが可能となります。

ナノバブルの種類について

ナノバブルの気泡に含まれている気体が異なれば、その性質も異なるとされています。

その種類は、空気(主に窒素)・酸素・水素・オゾンなどが存在します。

こちらも目的用途にあった、気泡の種類を採用することで効果を最大限発揮します。

ナノバブルの効果

ナノバブルの効果を7つ紹介していきます。

1.洗浄効果
2.美容効果
3.リラックス効果
4.腸内環境を整える
5.抗酸化力・食べ物の鮮度を保つ
6.農作物の生長促進・病害虫の防除
7.炎症を抑える

それでは、それぞれ見ていきましょう。

1.洗浄効果

ナノバブルの持つ効果1つ目は、「洗浄効果」です。洗浄の際には複数の作用が関わっています。「電気的作用」「衝撃圧力作用」「界面活性作用」「持続作用」が挙げられます。

電気的作用
 ナノバブル自体はマイナス、一般的に汚れはプラスに帯電しているため、ナノバブルが汚れに吸着することで、
 汚れを落とすことが可能になります。

衝撃圧力作用
 ナノバブルは時間が経つとともに徐々に崩壊していきます。
 その崩壊に伴う衝撃によって汚れを剥がすことができます。

・界面活性作用
 ナノバブルの含まれたお水は表面張力が低下します。
 そのため浸透力が高まり、汚れの間にお水が浸入しやすくなり、汚れを浮かび上がらせます。

・持続効果
 ナノバブルはすぐになくなってしまうものではなく、しばらくの期間は水中を浮遊しています。
 そのため、ナノバブルの効果が長期間持続します。

2.美容効果

ナノバブルの持つ効果2つ目は、「美容効果」です。

年齢を重ねていくと次第と、お肌のお悩みが増えてしまいますよね。水素ナノバブルにはシミ・シワ・たるみの予防に繋がるというデータがございます。

なぜお肌の悩みに期待されているかというと、チラシナーゼ・エラスターゼという酵素が関係しています。チラシナーゼが生成されるとシミとなり、エラスターゼが分解されるとシワ・たるみへと繋がります。

この作用を水素ナノバブルによって抑えられたという試験データがございます。

3.リラックス効果

ナノバブルの持つ効果3つ目は、「リラックス効果」です。

一般的な入浴をすることによっても、温浴効果があるので緊張がほぐれて、リラックスする効果があると言われています。

入浴中のお水をナノバブル・マイクロバブルに変えると、通常よりもリラックス効果が上がるとされています。

参考:マイクロバブル入浴の心身の主観的評価 | 早坂信哉 2020年

通常入浴と比較して、リラックス感が+16%、くつろぎ感が+21%、幸せ感が+22% 上回っているという結果となっています。

4.腸内環境を整える

ナノバブルの持つ効果4つ目は、「腸内環境を整える」です。

腸内の環境と健康・免疫力は非常に強い関係にあります。腸内の環境が崩れてしまうと、体調も悪くなってしまいます。

新型ウイルスの影響で、健康や免疫力については、みなさん非常に関心が高いですよね。免疫力の正しい活動のためには、その免疫を司る細動を正常に働かせる事が重要です。

その細胞が制御性T細胞と呼ばれており、正常に働かせるために必要な代謝物を腸内細菌が生成しているとされています。

その腸内細菌がナノバブル水素水によるマウス試験によって、増加したという試験結果がありました。

まだまだ研究の段階だと思いますが、免疫力のカギである腸内細菌がお水で変化するのは、これから注目ですね。

5.抗酸化力・食べ物の鮮度を保つ

ナノバブルの持つ効果5つ目は、「抗酸化力・食べ物の鮮度を保つ」です。

ナノバブルに含まれる気体は、空気(窒素)・酸素・水素・オゾンなどがあります。それぞれ与える効果は違いますが、抗酸化力の効果を持つものは主に「水素ナノバブル」にある特長です。

まず、みなさんご想像の酸化というものは、リンゴが茶色く変色してしまうようなことを想像されるかと思いますが、その通りです。

この酸化は、酸化還元電位(ORP)という値が高い程、進みやすいとされています。

一般的な水道水ですと、ORPが+400~500mV程度の値です。こちらが湧き水では、+200mV程度となり、水道水よりは酸化していないお水と言えるでしょう。

この値が水素ナノバブル水になると、-100~200mVとなります。いわゆる還元状態にあるお水となり、水道水と比較すると大きく酸化していないお水となっています。

この酸化還元電位は食べ物も酸化にも当てはまります。野菜などを水素ナノバブル水で一度洗うと、野菜の変色が抑えられるとされています。加えてナノバブルには洗浄効果がありますので、細かな汚れなども落とすことができます。

毎日のお水が酸化している水道水よりも、水素ナノバブル水のようなお水の方が、体調などには気を遣えている印象ですね。

6.農作物の生長促進・病害虫の防除

ナノバブルの持つ効果6つ目は、「農作物の生長促進・病害虫の防除」です。

農業分野では、生長促進・品質向上・病害虫の防除の効果が期待されています。農作物の生産には溶存酸素量や浸透性・抗酸化力など様々な要因が影響を与えています。

ナノバブル水を使用することで、これらの項目の質が向上するので、農作物の質が良くなると言われています。

様々なメーカーから農業用のナノバブル水関連の商材は販売されていますが、農家様から今まで使用していたお水から変えたことで、生育状態が改善されているそうです。

農作物も人間と一緒で、良いお水を与えることで、より健康的に生長していくことが分かりますね。

7.炎症を抑える

ナノバブルの持つ効果7つ目は、「炎症を抑える」です。

ナノバブルは医療分野でも、非常に注目されています。

自治医科大学などが共同で酸素ナノバブルの抗炎症作用について、動脈硬化形成を予防する可能性について研究をしておりました。

その結果、酸素ナノバブルは動脈硬化病変形成を抑制する可能性がある。とされていました。

参考:酸素ナノバブルの抗炎症作用 | 自治医科大学循環器内科

今後さらなる研究によって、実用化される日もそう遠くはないかもしれませんね。

ここまで、ナノバブルの効果について解説しましたが、さらにナノバブルの効果について記載している記事がありますので、こちらもオススメです。

ナノバブルの活用方法

実際にみなさまの身の回りでは、ナノバブルが活用されています。様々な分野で活用されていますので、具体的な活用事例7つを紹介していきます!

1.シャワー・洗濯機
2.化粧水・洗顔
3.お風呂
4.飲料水
5.野菜・食べ物の洗浄
6.農業分野での使用
7.医療分野での使用

1.シャワー・洗濯機

ナノバブルの活用事例1つ目は、「シャワー・洗濯機」です。

シャワーや洗濯機では、ナノバブルの洗浄効果を活用しています。洗浄効果を利用することで、身体の汚れや角質・衣類の汚れを落としやすくすることで、節水効果なども得られます。

シャワーや洗濯機は非常に多くの商材があり、お探しの場合色々な選択肢がある反面、情報が多く迷われてしまう場合があるかと思います。

ここでは、簡単にいくつかの商材をご紹介させていただきます。

シャワーヘッド


「ミラブル」
月額3,500円、購入の場合44,990円、バブル数2,000万個/cc、ウルトラファインバブル直径0.13µm

「リファ」
月額500円、購入の場合30,000円、バブル数6,800万個/cc、マイクロバブル+ウルトラファインバブル直径100µm以下

「ボリーナ」
購入の場合11,550円~、バブル数1億個/cc、バブル直径0.001㎜以下

「アラミック」
購入の場合16,800円、バブル数1億9,300万個/cc、バブル直径0.001㎜

洗濯用品


「ホース型」
価格 : 約3,500円~、バブル数 : 1億個/cc、洗濯機のホースをナノバブルが生成できるホースに取り換えるだけでナノバブルの洗浄効果が得られるという商材です。

「アダプター型」
価格 : 約8,000円~、バブル数 : 3,000個/cc、現在ご使用の洗濯機にアダプターを取り付けるだけで、ナノバブル洗浄ができる商材です。

「洗濯機」
価格 : 約20万円~、バブル数については明記されていませんでした。洗濯機本体にナノバブルの生成部を内蔵しており、洗濯機そのものでナノバブル洗浄が可能になります。

ナノバブルを活用した、シャワーヘッドや洗濯用品は、ナノバブルそのものの違いはなく、個数や価格・デザインなどで比較することがオススメです。

2.化粧水・洗顔

ナノバブルの活用事例2つ目は、「化粧水・洗顔」です。

ナノバブルの保湿効果や美容効果が活用されています。ナノバブルの美容関連商材についても種類がいくつかございますので、紹介していきます。

化粧水


「ナノバブルが入っている化粧水」
調べたところ価格については、商品によってピンキリでした。ナノバブルの個数なども商品によってバラバラですし、ナノバブル入りの化粧水については非常に比較が難しいと感じました。

「使用している化粧水にナノバブルを含ませる美容用品」
こちらの商品はスプレータイプやポンピングタイプがあります。こちらも価格としてはそれぞれ幅が非常にあり、比較が難しい部分です。有名どころでいうとシャワーのミラブルも、ポンピングタイプのグッズを販売していました。

「家庭用のナノバブル生成器」
家庭でナノバブル入りの水を生成するという、なかなか面白い商品です。水道水をこの機器にかけると、ナノバブル水素を発生させることができるそうです。

こちらの商品は、化粧水をナノバブル化するのではなく、水道水をナノバブル水素化し、化粧水や洗顔にご使用可能という所が興味深いです。

洗顔


「洗顔専用のバブル発生器」
バブル直径がナノバブルよりもはるかに大きい、炭酸泡であることが多い印象でした。価格は代表的なもので30,000円程度でした。

「家庭用のナノバブル生成器」
先程の化粧水でもご紹介しましたが、こちらの商品は化粧水としてだけでなく、洗顔にも使用可能です。価格は月額4,800円でした。

ナノバブルのサイズは100nm以下でバブル数は数億個/cc、という結果なので非常に細かく、発生量も多い印象です。

加齢にともなうお肌の変化にも、この商品で生成したナノバブル水は効果が期待できるそうです。

https://suirex.com/ 珍しい商品なのでこちらのページをご覧ください。

3.お風呂

ナノバブルの活用事例3つ目は、「お風呂」です。

お風呂では、ナノバブルの保温効果保湿効果リラックス効果などが活用されています。種類は、ビルドインタイプや据え置きタイプ・浴槽のアダプタータイプがあります。

価格帯は幅広く、アダプタータイプが最も安価で数万円~、次に据え置きタイプが約30万円、ビルドインタイプでは約30万円に加えて工事費用がかかります。

個人的にはナノバブルというよりも、マイクロバブルといった印象でしょうか。泡の大きさが大きく、水が白濁し目で見ても楽しめる商品化と思います。

ただ、より微細な泡のナノバブルもプラスすると効果が向上するのではないかと思います。

ご検討の際は価格帯の幅が広いので、お求めしやすいものからお試しするのも良いかもしれません。

4.飲料水

ナノバブルの活用事例4つ目は、「飲料水」です。

ナノバブル水の飲用では、抗酸化力腸内環境を整えるという効果を活用しています。飲料用のナノバブル水の種類は、ペットボトルタイプやご自宅でナノバブル水を作るタイプがあります。

ペットボトルタイプは大きく分けて、酸素ナノバブル水と水素ナノバブル水がありました。

それぞれ、ここ一番の時での補給や抗酸化力・エイジングなどが期待できる商品となります。価格は一例ですが、12,960円/9Lで販売されているものもありました。

家庭用のナノバブル水生成器は、水素ナノバブルを強みとしているようでした。水素は一般的には時間経過でどんどんなくなってしまいますが、ナノバブル化することで、失われにくくなりそうですね。

こちらは月額4,800円で作り放題なので、ご家庭のお水回りはこの一台があれば悩むことはなさそうですね。

5.野菜・食べ物の洗浄

ナノバブルの活用事例5つ目は、「野菜・食べ物の洗浄」です。

食べ物の洗浄に使用するのは、ナノバブルの洗浄効果抗酸化力によるものを活用しています。

先述のシャワーヘッドや洗濯機にあるように、ナノバブルに備わる洗浄効果を活用すると汚れが落ちやすくなり、野菜や食べ物も通常のお水では落ちにくい汚れも落とすことが可能になります。

加えて、抗酸化力のあるお水なので、食べ物の日持ちもよくなることが考えられます。

汚れも落ちやすくなって、鮮度も長持ちするのは一石二鳥ですね。

6.農業分野での使用

ナノバブルの活用事例6つ目は、「農業分野での使用」です。

農業分野ではナノバブルの、農作物の生長促進病害虫の防除効果を利用しています。

農業での使用なので、一般的には使用場面が少ないかもしれませんが、家庭菜園などでも使用ができそうですね。

農業利用の商品としては、バブルタイプ・アタッチメントタイプ・水道直結タイプ・循環型タイプなどが存在しました。

こちらは業務用商材ですので、詳細は記載しませんが、化粧水などのナノバブルに比べるとやはり馬力は非常に高いですね。

さすがに業務用は高額ですので、先述の家庭用ナノバブルサーバーなどで生成した、ナノバブル水を家庭菜園などで使用するなどが良いのではないでしょうか。

7.医療分野での使用

ナノバブルの活用事例7つ目は、「医療分野での使用」です。

医療分野では、抗酸化力炎症抑制効果温浴効果などを活用しています。

歯科医院での洗浄力向上や温浴療法での使用・オゾンナノバブルによる点滴・酸素ナノバブルによる動脈硬化病変形成抑制のための治療法研究などがありました。

マイクロバブルによる、発毛サロンなどもありました。頭皮の余計な汚れをナノバブルが洗浄し、擦りすぎないようにすることでダメージが減るそうです。

ナノバブルの気体の種類を変化されることで、様々な用途があるというのは驚きですね。

まだまだ研究段階の効果などもあり、今後医療分野でもさらに活用が広がることが考えられます。

ナノバブルのこれから

ナノバブルの概要・効果・活用法を説明してきましたが、ナノバブルのこれからについても考えてみましょう。

ナノバブルには様々な種類があり、効果も異なる

ナノバブルの生成方法はいくつもあり、その性質は異なります。ナノバブルには、空気(窒素)・酸素・水素・オゾンなど気体の種類が様々で、それぞれに合った活用方法がありました。

バブルといっても大きさや、気体の種類が異なると、バブルから得られる効果も変わっていきます。

多くの種類のバブルがありましたので、これからさらに研究がすすむことで、活用の幅はどんどん広がりそうですね。

これからさらに身近なものに

CMなどでよく見られますが、シャワーヘッドによる活用が近年急激に増加していて、今後も普及率は上がっていくと考えられます。

家庭内だけでみても、洗濯機・お風呂・化粧水・洗顔・飲料水・野菜の洗浄・家庭菜園など様々なシーンで、ナノバブルは活躍しそうですね。

まとめ

ナノバブルは非常に微細な100nm以下の泡で、様々な効果が期待できます。

ナノバブルの効果は、洗浄効果」「美容効果」「リラックス効果」「腸内環境を整える」「抗酸化力」「農作物の生長促進・病害虫の防除」「炎症を抑えるなどがありました。

身近なものでも活用がされており、シャワー・洗濯機」「化粧水・洗顔」「飲料水」「野菜の洗浄」「農業分野での使用」「医療分野での使用にて活用がされています。

みなさまの普段気づかない所でも、ナノバブルは活躍していました。

家庭内でも、お風呂・飲料水・洗濯・美容面など多方面で今後活躍しそうですね。特にナノバブルを飲料水にするという商品や化粧水のナノバブルは新しい活用方法と感じました。

近年さらなる注目を集めている「ナノバブル」様々なメディアでも取り上げられており、さらにみなさまのお馴染みのワードになっていくことでしょう。

私が調べただけで、多くの種類と効果がありましたので、今後さらに研究が進んでいけばまた新しい効果が解明され、よりみなさまに身近な存在になっていくことでしょう。

毎日の健康な暮らしを
目指したい方は
ナノバブルサーバーが
おすすめ!
女性

関連記事