話題の還元水素水を徹底解説!特徴・メリット・デメリットを理解しよう

生活する上で、もっと大きく捉えると、生きる上でわたしたちにとって欠かすことのできない水。

欠かすことのできないものだからこそ、味や安全性にこだわりたいですよね。

水について調べると出てくるのが「還元水素水」です。

言葉として聞いたことがあるけど、実際にどういったものなのか、詳しくは分からないという方も多いのではないでしょうか。

本記事では「還元水素水」が他の「水」とどのように違うのか、
浄水器やウォーターサーバーと還元水素水生成器の違い、還元水素水の特徴や生活に取り入れた際のメリット・デメリット、機器購入にかかる費用感まで、「還元水素水」について詳しく解説をしていきます。

<プロフィール>

「ナノバブルLabo」には、浄水器など水関連商材を販売しているメーカーに勤務しているメンバーが在籍しています。創業より30年以上水関連事業に携わり、お水のスペシャリストとしてメンバーそれぞれが、日々お水関連の情報収集を趣味や仕事とし、最新の情報をナノバブルLabo内で共有しています。

 

本記事ではそんなお水のスペシャリストが、収集した情報を分かりやすく皆様にご紹介しています。
それでは、参りましょう!

毎日の健康な暮らしを
目指したい方は
還元水素水サーバーが
おすすめ!
女性

還元水素水とは?その特徴を掴もう

還元水素水を一言で説明すると、電気分解で作られた水素が入っているアルカリ性の水のことですが、これだけではちょっとしっくりこないという方も多いと思いますので、さらに詳しく説明したいと思います。

還元水素水を作る過程で水を電気分解して水素水を生成するのですが、水素のもつ還元性という働きを活かすため「還元」という言葉が付いています。

還元水素水は、以前が「アルカリイオン水」と呼ばれていました。「アルカリイオン水」ならなじみがある人も多いかもしれません。

近年、ダイエットやアンチエイジング・胃腸改善など、健康志向への高まりから、水素への注目が非常に高まっています。

世の中のトレンドもあり、「アルカリイオン水」にも水素が含まれていることから「アルカリイオン水」が「還元水素水」という名称で呼ばれるようになりました。

この記事では「還元水素水」がどのように生成されるか、さらにそのメリット・デメリット、生成器の購入にかかる費用感について詳しく解説していきます。

「還元水素水」は「飲用アルカリ性電解水」のこと

「還元水素水」には数多くの名称があります。

実は、「還元水素水」「アルカリイオン水」「電解水素水」「還元水」は、名称は異なれど、中身は同じ水素水です。時代の流行によってその名称を変化させています。

その実態は水を電気分解して、水素の多い水と酸素の多い水に分けたものです。

水は、主に水素と酸素からできています。この水に電気エネルギーを与えることにより、水素を多く含む水と酸素を多く含む水に分解することを電気分解といいます。

・残留塩素を含んでいない
・水素が溶け込んでいる
・pHがアルカリ性である
・カルシウムイオン・マグネシウムイオンが処理前の水と比較して増加している

「還元水素水」と「水素水」との違い

まずは、還元水素水と水素水の違いについて解説します。

最近はコンビニなどでも「水素水」という名前がついた飲料水を見かけるようになりました。一般的に「水素水」と呼ばれるものは、中性の水に圧力をかけて気体の水素を入れたもののことを指します。

水素水には濃度や成分などの公的な定義がなく、水素分子や水素イオンを含んでいれば「水素水」と呼ばれるため、メーカーによってその基準はさまざまです。

一方、還元水素水はアルカリ性であり、水道水や浄水は酸性から中性に近いため、水の性質が違います。

具体的には、一般的にペットボトルで市販されているアルカリ水はpH8程度であり、電解水素水はpH9.0~10.0のアルカリ性の水です。

「還元水素水生成器」と「浄水器」「ウォーターサーバー」の違い

では、身近にある飲料水を生成する機器の違いはどこにあるのでしょうか?

基本的に残留塩素や不純物を、フィルターを通して除去してくれる機能を持っているものがほとんどです。

また、水質(pH濃度)が還元水素水生成器を通したものはアルカリ性なのに対し、浄水器、ウォーターサーバー、ミネラルウォーターや水道水はほぼ中性(水道水の場合は〜弱酸性)なことも決定的な違いとなっています。

「還元水素水生成器」や「浄水器」が手軽に始められる魅力的な特徴のひとつは、水道水を利用して水を生成できるという点です。

ウォーターサーバーやミネラルウォーターは天然水を処理した水であることに違いありませんが、ストックしたり定期的な受け取りが必要だったりします。

一方で「還元水素水生成器」や「浄水器」は一度機器を設置してしまえば、暮らしの中に新しい水の習慣を取り入れることが可能です。

還元水素水の用途を解説

水素を含んだアルカリ性の還元水素水の用途は、飲用から料理用までさまざまです。

赤ちゃんからお年寄り、男性女性によっても身体の性質がまったく異なるため、それぞれに合った水をシーンによって使い分けるというのもQOL(クオリティ・オブ・ライフ)向上の一端になります。

例えば、以下のような使い分けが可能です。

「強アルカリ水」
ごぼうやほうれん草など野菜のアク抜きにはpH10程度

「弱〜中アルカリ水」
飲用としては、pH8.5〜pH9.5程度のアルカリ水

「中性の浄水」
赤ちゃんのミルクや薬を飲む際に利用する水

「弱酸性」
洗顔や食後のうがいに利用

「酸性水」
食器のつけ置きをpH3程度の酸性水で行う

飲用水にお金を払うことに抵抗がなくなってきている今、還元水素水を取り入れることも検討する人が増えています。

還元水素水のメリットとデメリットを理解しよう

還元水素水はメリットが多いように感じられますが、取り入れるにあたって注意点がないのか、詳しく解説します。

メリットは胃腸に良い効果が期待できること

ストレスの多い現代社会。胃腸に不調を抱えるひとも少なくないのではないでしょうか。

還元水素水は、多く含まれる水素ガスや水酸化物イオンを飲用することで、胃腸の症状を改善することに効果があるとされています。

具体的には医薬品医療機器等法(旧薬事法)において胃腸症状の効果が認められています。

また、還元水素水生成器は1966年に旧厚生省から「家庭用管理医療機器」として承認されています。

デメリットは飲みすぎると下痢になる可能性

還元水素水も飲み過ぎには注意が必要かもしれません。

還元水素水を適度に摂取した場合は、胃腸機能に良い効果をもたらします。

消化・吸収のバランスが良くなり、便秘や下痢の改善につながるとされていますが、摂取が度をこえてしまうとそのバランスが崩れて下痢などの症状としてあらわれる場合もあります。

また、還元水素水は先述した通り、カルシウムやマグネシウムの量が多く含まれます。

そのため、一部の人(水分量が制限されていたりカリウムを摂取してはいけない人)が利用する場合、医師に相談する必要があります。

家庭で還元水素水を取り入れるための費用・価格感

家庭で還元水素水を取り入れるために必要な生成器ですが、価格はさることながら生成できる水素濃度や生成にかかる時間、機能もさまざまです。

還元水素水生成器のラインナップは、おおむね以下のとおりです。

・新たに専用の蛇口を設置し、生成器本体をシンク下に設置するビルトインタイプ
・蛇口から生成水を出すリターンタイプ
・蛇口に専用の分岐栓を設置し本体から取水するタイプ

ビルトインタイプはキッチンの天板に穴をあける必要があるため工事が必要になりますが、ほかの2つのタイプは水栓の蛇口先端に専用の機器(浄水器のようなもの)を取り付けるだけなので手軽です。

価格比較サイトでは安価なもので35,000円前後から高価なものは40万円近いものもあります。

水だけのコストで言うと1リットル約3円ほどなので、ペットボトルよりも断然安く良質な水を手に入れられます。

一般的な家電の使用年数を10年とした場合、本体・カートリッジ・水道代・電気代など併せて計算すると、1日あたりのコストはおおよそ100円前後。

実売価格8,000円程度のカートリッジを2年に一度の交換が必要です。また、水道水が酸性寄りの場合は別途「カルシウム製剤」を添加する作業が必要ですが、半年分にあたる12本入り1パックで2,700円ほどとなっています。

まとめ

この記事では「還元水素水」がどのように生成されるか、さらにはどのような成分を含んでいるのか、生活に取り入れた際のメリットやデメリット、機器購入にかかる費用感について解説をしてきました。

最近では還元水素水を試飲できる体験イベントなどがなかなか行われなくなってしまいましたが、還元水素水生成器をレンタルしている会社もあるので購入する前にお試ししてみるのも良いですね。

また「還元水素水」という名称ではありませんが「アルカリイオン水」であればスーパーやドラッグストアで市販されているため、飲み続けることによって効果を実感してから還元水素水生成器を購入するのもおすすめです。

当社では、カラダに良いの高濃度ナノバブル水が自宅で飲める、今話題のナノバブルサーバーを提供していますので、こちらもチェックしてみてください。

毎日の健康な暮らしを
目指したい方は
還元水素水サーバーが
おすすめ!
女性

関連記事